攻守に好調ぶりを示した静岡が、7回コールドで磐田東を下し決勝進出

 いよいよ、甲子園まであと二つというところまで来た。準決勝である。
磐田東は準々決勝で、昨秋と今春の県大会優勝校で、今大会でも優勝候補筆頭と言われていた藤枝明誠を下しての進出である。その勢いはあるだろう。

 対する静岡は、ここまで勝ち残るべくして勝ち残ってきたという印象もあるくらいに、安定感はある。磐田東の勢いをどう止められるのかというところがポイントになるかなと思われた。

 静岡はエース高須が先発。前の試合でも6回を投げて無失点。今大会はまだ点を取られていない。その高須が、初回は磐田東打線をゴロ3つで抑える。

 そしてその裏の静岡。先頭の渋谷がいきなり左中間二塁打で出るとバントで三塁へ進む。3番座馬は、やや詰まり気味だったが、左翼線にポトリと落として二塁打となってこれが先制タイムリー。さらに、相手失策もあって、座馬もかえって静岡は2点を先取する。そして、2回の高須は先頭の川北に安打はされたものの、三振併殺で切り抜けるなど、結果的にはこの回も3人で抑えた。

 2回裏の静岡は、二死後2つの四球で塁が埋まると、4番池田が中前へ落してタイムリーヒット。3点目が入って磐田東の勢いは止めた。
それでも、磐田東は3~5回は毎回安打を放ち走者は出す。しかしながら、その後は髙須が丁寧に投げて、しっかりと抑えていた。

 静岡は5回には下位打線の活躍で追加点を挙げる。川端の安打と四球で塁を埋めると、9番山岸は左中間二塁打でさらに2点。そして6回も、失策絡みと挟殺プレーに対して磐田東の、やや判断ミスもあってさらに2点が入る。こうして、初回の先制から、細かく点を積み重ねていった静岡が7点差をつけた。そして7回も高須が磐田東打線を3者凡退で退けてコールドゲームが成立した。